スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シンクロ 

新しい仕事が始まる。

 大きな波に乗って、すべてが一つの方向に向かって流れている。人生には、ときに自分の力ではどうすることもできないときがある。いま、まさにそのとき。シンクロとは、こういうことなのかと、恐いくらいに実感している。

 私は常々「その人にできないことは来ない」と思っている。たとえば私に「アメリカの大統領にならないか」という声はかからない。その人にできるから来る、できないものは来ない。だから、大きな仕事の話をいただいても、身に余ると自分では思っていても「いや、きっとできる力があるから来たのだ」と考え、奮起する。

 チャンスと言い換えてもいいのかもしれない。チャンスはつかむものと言われている。私はそうは思わない。そのとき断っても、その人がするべき仕事であれば、必ず、また同じような話は来る。たとえ断ってもチャンスを失ったのではなく、機が熟していなかっただけ。時期をみて、その人にベストなときに、またやってくる。

 今回の仕事にも、出会うようになっていたのだと思う。最初からそうなっていたのかもしれない。新規プロジェクトを昨年の秋に立ち上げ、この1月から稼動。1名の欠員が出て、探していたらしい。実は3度目のオファーだった。去年の秋にお話をいただいたとき、魅力的だとは思っていた。でも、ほかの仕事を抱えていたのでお断りした。2度目も、その仕事を受けるとほかの仕事ができなくなると判断して、お断りしていた。

 そして今回のオファー。次女の中学受験のためにライターの仕事を減らしていたこともあり、二つ返事でOKをした。といっても、今回のクライアントは日本の企業のなかでも最大手。履歴書と作品の提出、二次面接まである。あくまでも選ぶのはクライアント。私の意志ではどうすることもできない。なるようになるさ、という心境。書類審査と一次面接はパスした。月曜日に二次面接がある。たぶん、メールの感触からいくと合格だと思う。仕事の内容は、もともとOLのときにやっていたことの延長なので、問題はない。報酬も想像以上でびっくりしている。

 このところ、自分にはライターは向いていないと思い始めていた。人には適材適所という言葉がある通り、私はOLのときはバリバリに働いて、それなりに評価も高かったし自信もあった。それなのにライターになって、自信喪失の場面が何度も訪れる。いま携わっている書籍の仕事で、それは決定的だと感じた。自分の力を生かす場は、ここではない。だから、ライタースクールの卒業生講師の依頼がきたときも、どんな内容で話をしたものか困っていた。ライターを辞めようかとさえ思っていたときなだけに、後輩たちの夢を壊しそうだったから。しかし、先方の都合でキャンセルとなり、ほっとした。

 そういった悩みのなかで新しい仕事の話はどんどん進み、いまにいたる。採用が決まったわけではないけれど、この流れは止まりそうもない。フリーライターを卒業するときが来たのかもしれない。

 昨年の秋からのさまざまなできごとの意味が、すべてここにつながっていた気がする。出会いには意味がある。あーシンクロだ~と思うわけです。
 
スポンサーサイト

[2007/01/20 08:47] つぶやいてみました | TB(0) | CM(5)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2008/11/21 14:57] - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2009/09/10 02:43] - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/04/22 17:01] - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/10/26 19:17] - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2013/02/10 20:54] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sionnore0117.blog39.fc2.com/tb.php/239-05ae7ac6





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。