スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたのためにしてあげられること 

 リードを思いっ切り引っぱられ、よろこびの大きさが私の手にも伝わってくる。かけよって、立ち上がる。激しく尻尾をふって、全身で表す。

「嬉しい、会いたかったよー」そう言っているように感じた。

 我が家の愛犬”もも”は、知人から引き取った4才になる白柴だ。来た初日から、柴犬だというのに人見知りもせず、私になついた。保健所に行く運命を悟っていたのかもしれない。あれから7ヶ月。すっかり我が家の顔になり、闖入者を威嚇するまでになった。

 譲り受けてから、初めて以前の飼い主さんの子どもMちゃんを招待した。Mちゃんの姿を見ただけで、ももは大興奮。Mちゃんも、大きな声で、ももーと叫んでじゃれあっていた。7ヶ月のブランクなんて関係なし。お互いに、とってもよろこんでいた。

 その姿にちょっぴり妬けたけど、もものよろこぶ姿を見ていられるだけで、私もうれしくなった。

 だって、いくら私になついていても、やっぱり赤ちゃんのときからの絆は深いハズ。私が入りこめない世界があると思う。

 せっかく縁あって我が家の一員になったのだから、私がももにしてあげられることは、できる限りやってあげたい。ももがよろこんでくれたら、それで私は幸せ。楽しい思い出を、少しでも多く作ってあげたい。

 ももの幸せが、私の幸せ。

 今日は、楽しい夢を見てるかな。
 
スポンサーサイト

[2006/09/23 23:44] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sionnore0117.blog39.fc2.com/tb.php/150-ea08b02c





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。